2009年09月25日

夫婦の年齢差と年金受給額

加給年金と振替加算の関係で
変わる年金額


年金受給をする際に、
夫婦の年齢差で
年金受給額の有利・不利は
あるのでしょうか?

夫婦各々の年金受給額は
加入中の報酬や、加入期間
で決まってきますので、
その時点では有利、不利
ということはありません。

ただし、
厚生年金の加入期間が
20年以上ある場合には、
配偶者や子がいる場合、
加給年金や振替加算が付く事が
あります。

加給年金とは、
厚生年金に20年以上
(男子40歳以降、女子35歳以降に15年以上)
加入した人が
定額部分の支給開始年齢となった時に、
その方の65歳未満の配偶者(一般的には妻)で
年収850万円未満(所得では655.5万円未満)の人
や、
18歳到達時年度末までにある子がいる場合
に受けられるものです。

受給権者(一般的には夫)が
昭和18年4月2日生以降の人の場合は
配偶者加給年金額は39万6千円、
子の場合は22万7千9百円が
支給されます。

振替加算とは、
配偶者が65歳になると、
加給年金ははずれますが、
配偶者自身の老齢基礎年金に
加給年金相当額として
振替加算が支給されます。

ただし、
振替加算に切り換わると
配偶者の生年月日により、
加給年金額よりは
減額された額で支給されます。

つまり、
配偶者が若ければ若いほど、
加給年金は長い期間受給できる
こととなります。

また、
配偶者(一般的には妻)が
働いている場合、
厚生年金加入期間が20年以上ある
(男子40歳以降、女子35歳以降に15年以上)
配偶者が厚生年金を受給するようになると、
加給年金は支給されなくなります。

配偶者が
20年以上厚生年金に加入した場合には、
加給年金や振替加算は
支給されないのですから、
配偶者の勤務期間が
20年を超えそうな時は、
場合によっては
退職も一つの選択肢
かもしれません。


〒104-0061  東京都中央区銀座3-9-18 東銀座ビル304
税理士西塚事務所   TEL03-6226-5140

2009年9月25日(金)
posted by 税理士西塚智裕 at 11:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 労務・労働
この記事へのコメント
www.golfjpshow.com 激安ゴルフクラブネット販売 人気ゴルフ用品、特価ゴルフクラブ、最安ゴルフ用品!
Posted by タイトリスト AP2 714 at 2014年07月17日 10:25
http://www.scedata.com 弊店は人気ゴルフセット熱い販売中!全品激安ゴルフクラブ、2014新発製品、人気ゴルフクラブセット、バッグ、ボールなどが大集合!全国送料無料、ご安心購入してください。
Posted by キャロウェイ APEX PRO アイアン at 2014年07月21日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32393232

この記事へのトラックバック
当事務所へのお問合せは、
税理士西塚事務所
TEL : 03-6226-5140
ウェブサイトURL:http://www16.ocn.ne.jp/~nisizuka/
メールアドレス:nishizuka@nishizukajimusho.com