2009年10月15日

トライアル雇用の奨励金

試行雇用奨励金
(トライアル雇用奨励金)

職業経験、技能、知識等から
就職が困難な特定の求職者(対象者)を
職安の紹介により
一定期間トライアル雇用し、
求人者と求職者の相互理解を促進する事で
雇用機会の創出を図る事を目的とした
助成金です。

トライアル雇用を終了しても
正規雇用を強制されるという事は
ありません。
企業は適性や業務遂行可能性等を
実際に見極めた上で
本採用するかどうかを決める事が
できます。
短期間
(原則3ヶ月ですが、1ヶ月や2ヶ月でも可)
雇用後に一人につき、
月額4万円が最大3ヶ月間
支給されます。

対象者は

○ア:45歳以上の中高年齢者
○イ:40歳未満の若年者等
○ウ:母子家庭の母等
○エ:季節労働者
○オ:障害者
○カ:日雇労働者
○キ:住所喪失不安定就労者
○ク:ホームレス
○ケ:中国残留邦人永住帰国者

となっています。

事業主は求人票を職安に提出し、
紹介された対象者の
トライアル雇用開始から2週間以内に
「トライアル雇用実施計画書」を
提出します。
又、
終了後から1ヶ月以内に
「トライアル雇用結果報告書
兼試行雇用奨励金支給申請書」を
提出します。



「若年者等正規雇用化特別奨励金」
(トライアル雇用活用型)

職安の紹介により、
雇用開始日現在の満年齢が
25歳以上40歳未満の者を
トライアル雇用し、
その後正規雇用した場合に
支給される助成金です。
トライアル雇用開始日の
前日から起算して過去1年間に
雇用保険の被保険者でなかった者を、
トライアル雇用後
引き続き6カ月以上
正規雇用した時に
支給されます。

支給額は
雇用期間の定めのない雇用を開始した日から
起算して6カ月を第一期、
1年6カ月の日までを第二期、
2年6カ月までを第三期とし、

中小企業の場合、
第一期は50万円、第二期が25万円、
第3期が25万円支給されます。
各々の対象期間の末日の
翌日から起算して1カ月以内に
支給申請を提出します。
この助成金は
平成24年3月までの暫定措置
とされています。

試行雇用(トライアル雇用)奨励金

若年者等正規雇用化特別奨励金


〒104-0061  東京都中央区銀座3-9-18 東銀座ビル304
税理士西塚事務所   TEL03-6226-5140

2009年10月16日(金)
posted by 税理士西塚智裕 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 労務・労働
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32934659

この記事へのトラックバック
当事務所へのお問合せは、
税理士西塚事務所
TEL : 03-6226-5140
ウェブサイトURL:http://www16.ocn.ne.jp/~nisizuka/
メールアドレス:nishizuka@nishizukajimusho.com