2009年11月18日

売上高経常利益率

社員40名の
外科手術顕微鏡等製造業H社は、
従来から積み重ねてきた
望遠鏡製造の要素技術:
ンズの焦点合わせ、
メカのつくりこみなど
を組み合わせて、
他社に真似が出来ない
製品を生み出して販売し、
利益を得る体質を作りあげています。
つまり、独自の製品開発が
同社の5%を超える
売上高経常利益率を
支えているのです。

■売上高経常利益率とは?

売上高経常利益率は、
経常利益を売上高で割って求めます。

売上高経常利益率は、
会社の本業における収益性を表します。


■売上高計上利益率をチェックする

売上高経常利益率(%)
=経常利益/売上高」

企業が、存続・発展するために
適正な利益が得られているかどうか
を示す指標で、
本業と財務基盤を含めた
総合的な収益力を示す数値です。



中小企業約80万社の
財務データを分析した
中小企業庁の
「中小企業の財務指標2005年決算期」
によれば
「売上高経常利益率」の業種別平均値は
次の通りとなっています。


【業種別売上高経常利益率(平均)】

建設業:0.9、
製造業:1.7、
情報通信業:1.6、
運輸業:1.1、
卸売業:0.8、
小売業:0.3、
不動産業:4.1、
飲食・宿泊業:0.2、
サービス業:1.3

自社の「売上高経常利益率」が
低いと感じたら、
収益低迷の原因を探して
手を打つ必要があります。

その方法として
「売上高総利益率」の変化をチェック
しましょう。
この数値が低い場合、
低い販売単価、
相対的に高い売上原価などが
その原因であり、
商品力のチェックや
コストダウン対策が必要です。

「売上高総利益率」は低くない
にもかかわらず、
「売上高経常利益率」が低い場合は
「販売費・一般管理費・支払利息」などの
経費による高コスト体質が考えられますから
不要不急な経費の削減などを
検討する必要があります。

前述のH社は
商品力で戦略的に
手を打っているケースです。


■政府の支援施策

ここでは、技術力の強化によって
「売上高総利益率」を高めるための
政府の「中小企業技術革新制度」
(SBIR)を紹介します。

問い合わせ先は、
中小企業庁創業・技術課

SBIR特設サイト
「技術開発を支援する!
SBIR[中小企業技術革新制度]」の
開設について


 

〒104-0061  東京都中央区銀座3-9-18 東銀座ビル304
税理士西塚事務所   TEL03-6226-5140

2009年11月17日(火)
posted by 税理士西塚智裕 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33713500

この記事へのトラックバック
当事務所へのお問合せは、
税理士西塚事務所
TEL : 03-6226-5140
ウェブサイトURL:http://www16.ocn.ne.jp/~nisizuka/
メールアドレス:nishizuka@nishizukajimusho.com