2009年12月08日

生計を一にする親族とは〜せいけいをいつにする

「生計を一(いつ)にする」の意味は?


昭和37年判決で
所得税法(56条)にいう
「生計を一にする」の意義を
「家族全員同じ釜の飯を食うこと」
と説明され、

昭和51年判決において、
「日常生活の糧を共通にしていること」
を言うとしています。

「生計を一にする」親族に
該当するか否かによって、
例えば相続税法において
小規模宅地等の特例(評価減)を
受けられるか、
また所得税法において
専従者給与として
必要経費に算入できるか(所得税法56条)
など、

その取り扱いは大きく異なります。

離婚した父と母の両方が
扶養控除等申告書を
各々の会社に提出した場合は?

離婚後、
婚姻費用と養育費を負担している父
と、
日常生活を共にしている母
とが
それぞれの勤務先に
子どもを扶養親族とする申告書を
提出していた場合、
どちらの扶養親族になるのか
争われた事例(裁決)があります。

審判所は、
父と母のどちらとも
生計を一にしていたと言えますが、
母親の方が扶養控除等申告書を
元夫(父)よりも
先に提出していたことに鑑み、
母の扶養親族と判断しました。
(H19.12/27裁決)


同居特別障害者の
35万円加算が認められない場合とは?
(生計一だけではダメ?)

租税特別措置法において、
納税者の扶養親族(生計一)
で、かつ
在宅の(同居を常況としている)
特別障害者である場合に、
扶養控除の額に
35万円を加算した金額を
所得控除の額とすると
規定されています(措置法41の16)。
しかし、
福祉施設や介護施設に入所している者
(扶養親族)について、
措置法上生計を一にする親族等と
「同居を常況としている」者に
該当しないとして、
この35万円の加算が
認められなかった判決
(さいたま地裁H15.11/26)があります。
(ただし、同居以外の特別障害者の
40万円の所得控除はできます)


実質的な判断は慎重に

「お財布が一緒」であっても、
必ずしも「生計を一にする」親族に
該当するとはいえず、
同居しているか、
別居しているかだけでなく、
実質的な判断は
慎重にならざるを得ないでしょう。


生計を一にするかどうかの判定(養育費の負担)


〒104-0061  東京都中央区銀座3-9-18 東銀座ビル304
税理士西塚事務所   TEL03-6226-5140

2009年12月8日(火)
posted by 税理士西塚智裕 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 所得税
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34082797

この記事へのトラックバック

障害者年金 受給資格
Excerpt: 障害者年金 受給資格についての情報です。
Weblog: 障害者年金 受給資格
Tracked: 2009-12-09 12:27

介護福祉士の求人募集転職情報ネットナビ
Excerpt: とっても待遇のよい介護福祉士の求人募集転職の情報です。
Weblog: 介護福祉士の求人募集転職情報ネットナビ
Tracked: 2009-12-16 11:05
当事務所へのお問合せは、
税理士西塚事務所
TEL : 03-6226-5140
ウェブサイトURL:http://www16.ocn.ne.jp/~nisizuka/
メールアドレス:nishizuka@nishizukajimusho.com