2009年12月16日

租税特別措置透明化〜民主党「政策集 INDEX 2009」

民主党は
租税特別措置法を
大幅に見直すスタンスです。
租特の新設・継続に当たっては、
補助金同様、
対象者が明確であること、
効果や必要性が明白であることなど、
透明性の確保をするための
「租税特別措置透明化法案」を制定して
恒久化あるいは廃止の篩いにかける
としています。


租税特別措置法の実態

2008/12/24
民主党税制抜本改革アクションプログラム
の一節を以下紹介します。

民主党は2007年から
租特の延長・新設を要求している
関係各省庁に具体的な資料の提出を求め
ヒアリングを行ってきたが、
これによって「隠れ補助金」には
特定の業界や一部の企業のみが
恩恵に浴していると思われる
延長要望や官僚の権限や仕事を保持するため、
あるいは組織の維持存続を図るためとしか
考えられない延長要望が数多くあることが
判明した。

その一例が、
2007年度延長された、
肉牛を売却しても売却額が1頭100万円未満
であれば所得税や法人税が免除される
租特である。
これは
乳牛、豚肉、鳥肉、馬肉等には
適用されない。
肉牛については、
別途、補助金の適用もある。

今年度の延長等の対象となる租特でも、
適用実績や金額が
極端に少ないにもかかわらず、
延長要望が出ているものが
多数見られた。
しかも、
関係各省庁は、多くの租特について、
増減収の積算を適正に行っておらず、
利用実績も把握していない。
これでは
政策評価を適正に行うことはできない。
さらに
補助金等の予算措置との
重複が想定される租特も見受けられる。


裾野を拡げ税率を下げる

民主党は、
租税特別措置の
抜本的な見直しを行った結果、
課税ベースが拡大した際には、
企業の国際的な競争力の
維持・向上などを勘案しつつ、
法人税率を見直すとしています。

租税特別措置法は
時限立法の税法であるにもかかわらず、
何十年にもわたって
存続しているものがあり、
また
既得権維持の見えざる温床
にもなっていそうなので、
政権交代を契機に、
課税ベースの侵食を明らかにしつつ、
原理原則に立ち返ることを
是非実行してほしいところです。


〒104-0061  東京都中央区銀座3-9-18 東銀座ビル304
税理士西塚事務所   TEL03-6226-5140

2009年12月16日(水)
posted by 税理士西塚智裕 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営・その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34231383

この記事へのトラックバック
当事務所へのお問合せは、
税理士西塚事務所
TEL : 03-6226-5140
ウェブサイトURL:http://www16.ocn.ne.jp/~nisizuka/
メールアドレス:nishizuka@nishizukajimusho.com