2010年02月18日

受給要件緩和〜雇用調整助成金

■長期化する雇用情勢の悪化を受けて

雇用調整助成金、並びに
中小企業緊急雇用安定助成金は、
企業の生産量や売上げ減少に伴い
従業員に休業や出向をさせ
雇用維持に勤めた事業主に
休業手当や賃金に相当する額として
定められた方法で計算した額が
支給されます。

この度、長引く不況を受け、
受給要件の緩和が行われました。


(1)生産要件の緩和(平成21年12月改正)

従来の生産要件
「売上高または生産量の
直近3カ月間の月平均値が
その直前3カ月または前年同期に比べ
5%以上減少していること」

に加えて

「売上高または生産量の最近3カ月間の
月平均値が前々年同期に比べ10%以上減少し、
直近の決算が赤字である事業主」

も利用可能になりました。

従来の要件は
1年前との比較ではすでに
生産量が下がり切った状態であった場合、
利用できない事態もあるので
2年前との比較を認めたわけです。

雇用調整助成金は12月14日から、
中小企業緊急雇用安定助成金は
12月2日から
各々一年間の間に対象期間の初日
(2年目の初日も含む)があるものに
限られています。


(2)申請様式の変更・助成金額の計算方法変更
   (平成21年11月30日改正)

申請用紙の様式第5号他、
一部様式が変更されています。
新様式は厚労省HPから
ダウンロードする事ができます。

又、
助成金の支給額計算にかかる
平均賃金の計算方法は、
以前は確定した労働保険料の基礎となる
従業員の賃金総額を
その年度の所定労働日数で除して
算定されていましたが、
11月30日以降に
初回実施計画届を提出したものからは
休業協定に定める休業手当の支給額を
暦日で計算する場合、
所定労働日数でなく、
暦日数(365日)で賃金総額を除し、
金額計算します。
この場合は従来よりも
支給日額が低くなります。


(3)再度の出向の要件緩和
   (平成21年11月30日から1年間の措置)

従来
助成の対象となる出向から復帰後、
6カ月待たずに行われた再出向については
対象となりませんでしたが、
6カ月経過前でも支給対象となりました。


以上の措置の他、
支給事務にかかる時間を短縮し、
初回申請は2カ月以内、
2回目申請は1カ月以内に支給決定されるよう、
迅速化が図られました。


中小企業緊急雇用安定助成金(ハローワーク)


〒104-0061  東京都中央区銀座3-9-18 東銀座ビル304
税理士西塚事務所   TEL03-6226-5140

2010年2月18日(木)
posted by 税理士西塚智裕 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 労務・労働
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35398344

この記事へのトラックバック

【相互リンク】ネット書店の賢い使い方-オンライン書店の比較-リンク集
Excerpt: こんにちは!トラックバック失礼します!当サイトは本を安く入手する方法を徹底研究。無料や裏技も?ネット書店の攻略法をまとめた便利なネットショップリンク集です。トラックバックを送信させていただいたサイト様..
Weblog: ネット書店の賢い使い方-オンライン書店の比較-リンク集
Tracked: 2010-02-18 21:13
当事務所へのお問合せは、
税理士西塚事務所
TEL : 03-6226-5140
ウェブサイトURL:http://www16.ocn.ne.jp/~nisizuka/
メールアドレス:nishizuka@nishizukajimusho.com